オトギ写真種紙

フロントフロント拡大

バックバック拡大

Tシャツの説明

骨董市で手に入れた昭和初期の日光写真「種紙」をプリントしてみました。
日光写真は日光による化学変化を利用して、種紙の字や絵を感光紙に写し取る青写真の一種。簡単に言うと写真をまねた子供のおもちゃ。種紙(薄紙にイラストが印刷してあり、好きなイラストを自分で切り取って感光紙に焼き付ける紙。写真で言うとネガ)を感光紙の上に重ねて、焼き枠(カメラ)で挟み込み、日光に数分当てると感光紙に種紙のイラストが焼き付けられます。水に浸けて乾かしたら日光写真の出来上がり。大正時代に流行し、昭和30年代まで少年誌の付録としても付いたそうです。
おとぎ話の種紙から『花咲じいさん』『こぶとりじいさん』『桃太郎』『ウサギとカメ』『ぶんぷく茶釜』『さるかに合戦』『かるいつづら』をプリントしてみました。

Tシャツデータ

制作:2005年9月(デザイナー:不明)

Tシャツベース プリントスター(長袖Tシャツ)
Tシャツカラー ホワイト
インクカラー グレー
プリント位置 フロント、バック
サイズ XL・L・M・S
販売価格 3000円(税込み)