渾天儀(こんてんぎ)

フロントフロント拡大

バックバック拡大

Tシャツの説明

天儀(こんてんぎ)とは別名天球儀ともいい、江戸時代の天文学で使われていた、天体の位置を測定する器具です。当時使用されていた星図とあわせてアレンジしてみました。バックプリントには当時の天球図の絵をあしらっています。
もともとは、江戸時代はいろんな科学が発達していたけれども、星座ってあったんだろうか。と思ったことがきっかけで調べ始めたところ、まるで地球ゴマのような器具を発見。それが当時の天文学で使われていた渾天儀(こんてんぎ)だったのでした。そんな魅力あふれる器具と当時の星図をアレンジし、あえて明るい色合いでプリントしてみました。星図部分は普段描いている線よりかなり細めのため、実際の刷りの作業時はちょっと苦労しますが、ここまでの線ができることを確認できたのは収穫でしたね。
バックプリントには天球図をあしらっています。これも当時のモノをほとんど焼き直しただけのものですが、実はよく見ると地球の上で望遠鏡を覗いて観測している人物が見つけられます。

Tシャツデータ

制作:2008年5月(デザイナー:みーやん)

Tシャツベース プリントスター
Tシャツカラー アクア
インクカラー ホワイト×蛍光パープル
プリント位置 フロント、バック
サイズ XL・L・M・S
販売価格 3000円(税込み)